大型荷物だけを安く引っ越すには

Reading time:

私は引越し経験がこれまで10回以上もあり、繰り返すうちに節約方法も身についてきました。

最初はあまりにも高いとは思いつつも業者の言い値で依頼してしまい、次からは徐々に値引き交渉になれるようになりました。
5社から6社も見積もりを取ればどこが安いのかは分かるのですが、交渉で値切るのには慣れも必要になり中々難しいんですよね。

なので、業者側が安くするのに納得できる条件をこちらから提示するのが一番交渉がやりやすいので、
まずは極力運んでもらう荷物を減らし、作業時間を短くすることで安く出来る条件を並べてあげます。

運べない荷物をざっと並べると、ベッドやタンス、食器棚や洗濯機、冷蔵庫、液晶テレビぐらいなものです。

これぐらいなら2tクラスでも十分に乗る量です。隙間があけば積み切りという事で残りの荷物もパンパンになるまで積みこめます。

近距離なら4万から6万ぐらいが相場、長距離なら10万弱ぐらいが業者が提示してくる料金になりますが、
まだまだこれでも高いので、そこから複数の業者に料金を競わせます。

すると安いところでは半額にまで下がることがあるので、そこに決めるのが引越しを安くするためのセオリーですかね。

大型荷物や大きな家具だけの引越しを安くするためにはこちらのサイトが参考になります。
引越し家具.jp

他にも時間指定なしや長距離ならおまとめ便を利用するとさらに安くなっていきます。
以上が私が経験した中で安くするコツとしては、運べないものだけを運搬してもらいトラックのサイズを小さくし、その中で料金を比較するということです。

3月に入ればご存知の通り引越し料金が一番高くなる繁忙期です。出遅れると料金が高くなるだけではなく、空いている引越し業者が見つからないという事もあるので、
早めに見積もりを取り予約をするという行動力が必要です。